日本三不動の一 ロゴ 瀧谷不動尊

秋季大祭

秋季大祭

秋季大祭にあたる9月28日に併せて、天下泰平・万民富楽・疫病退散・罹患者平愈を祈願し山主・修験者共々に熱祷をささげ、一座の柴燈大護摩供を厳修致します。
柴燈大護摩供は当日の午前中に境内にて壇を積み、午後一時開始。古式に則った行者問答が始まり、引き続き点火されます。

柴燈大護摩供は不動明王を御本尊として、天下泰平、国家安穏を祈念するものですが、当山では併せて五穀豊穣、信徒安全、そしてご信徒様の各願成就等を祈念してお勤めいたします。

柴燈護摩 添え護摩木 1本:300円
当日祈願の護摩木は、ご参拝時でも書いていただけます。(※受付は点火まで)

秋季大祭 次第

午前7時 本堂 開扉大護摩供

午前11時30分 大般若経転読付大護摩供法要

満堂の参拝者の中、河内の寺院から12名のご住職が出仕され大般若経600巻が転読されます。

午後1時 柴燈大護摩道場(境内)にて

・行者問答
・法剣、法斧、法弓の儀
・願文読み上げ

午後2時頃 点火

ご信徒皆様のお願いがこめられた添え護摩木が、祈りを込めて焚き上げられます。

お護摩祈祷 おつとめの時間

午前6時・10時・11時30分(大般若経転読付大護摩供法要)
午後1時30分・3時

交通安全祈願

この日はおつとめがございません。

交通規制のご案内

毎月28日(ご縁日)は府道202号線の一部区間(近鉄長野線 瀧谷不動駅から瀧谷不動明王寺まで)が交通規制となります。規制時間:午前8時~午後5時迄 <富田林警察署>
この区間に露店あり
※この日は交通安全のご祈祷はございません。
※周辺道路が混みあいますので公共交通機関をご利用下さい。
※当日のみ近鉄長野線 富田林駅から当山までバスが往復しています。また、お車でお越しの方は中佐備交差点から当山の駐車場までは通行可能です。

瀧不動堂護摩供

毎月28日のみ瀧峰大護摩講々員によるお護摩祈祷が修行されます。(※午後3時まで)
添え護摩木 1本:300円
護摩木1本につき家内安全を祈念した黄色い紙札を1枚お渡しします。その黄札はご家庭でお祀りください。尚、黄札は36枚につき御幣(ごへい)1体と交換いたします。

一覧へ戻る