日本三不動の一 ロゴ 瀧谷不動尊

客殿・寺務所新築 ご奉讃お願い

総事業費12億円 客殿・寺務所新築 令和3年 開創1200年
記念事業 ご奉讃お願い

当山は平安時代 弘仁十二年(西暦八百二十一年)弘法大師の開基と伝えられ、令和三年は開創一千二百年に正当いたします。この勝縁に際しまして、令和三年五月に開創一千二百年祝祷法要を奉修する予定であります。またこの法要を記念して客殿棟と寺務棟の新築を発願した所であります。

工事区域には、全て古い木造の寺務所・庫裏・書院・講堂・新旧の客殿・養老庵・倉庫などがありましたが、これらは耐火・耐震の補強が不可能であり、使用中の大地震発生などを考えますとまことに心許なく、建て替えが急がれるところでありました。

お陰様にて一期工事の寺務棟は令和元年十二月末に完成、二期工事の客殿棟も令和二年七月末に完成引き渡しを受けることができました。今後は内部の細かな仕上げや外構工事、また作庭などを進める予定であります。できるだけ早く客殿棟が実働出来ますよう、鋭意準備を進める所存でございます。もう暫くの間、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。

ご信徒皆様方には公私何かとご多端の中ご信援をたまわりましたこと、心より厚く御礼申し上げますとともに、厚かましいお願いで眞に恐縮ながら、来年五月の落慶法要まで記念事業ご寄進の受付を致しておりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

瀧谷不動明王寺
瀧谷不動奉讃会

ご奉讃寄進のお申し込み方法

一、寺務所にて所定の用紙に必要事項をご記入の上、お申し込みください。
一、郵送の場合は申込用紙等をお送り致しますので、下記までご連絡くださいませ。

瀧谷不動明王寺

〒584-0058 大阪府富田林市彼方1762
(0721)34-0028

一、ご奉讃御待遇については下記をご参照願います。
一、ご奉讃寄進のお申し込みを以て、御待遇規定によりご芳名を掲示させていただきます。なお、お名前の公表を希望されない方は、申込用紙にその旨ご記入願います。
一、本ご奉讃寄進は免税措置の扱いを受けておりませんので、ご了承下さいませ。
一、皆様の個人情報は瀧谷不動明王寺および当山奉讃会以外での使用はいたしません。

記念事業ご奉讃者御待遇

一万円以上
山報にご芳名を掲載いたします
受付時に記念品を進呈し、落慶時にご案内をいたします

三万円以上
山報にご芳名を掲載いたします
ご芳名簿に記入して客殿仏間に納め、永く家門繁栄を祈念いたします
ご芳名を記入した板札を境内の建札台に掲げ、広く顕彰いたします
受付時に記念品を進呈し、落慶時にご案内をいたします

五万円以上
山報にご芳名を掲載いたします
ご芳名簿に記入して客殿仏間に納め、永く家門繁栄を祈念いたします
ご芳名を記入した板札を境内の建札台に掲げ、広く顕彰いたします
落慶法要にご案内して記念品を進呈いたします

十万円以上
山報にご芳名を掲載いたします
ご芳名簿に記入して客殿仏間に納め、永く家門繁栄を祈念いたします
ご芳名を記入した板札を境内の建札台に掲げ、広く顕彰いたします
落慶法要にご案内して記念品を進呈いたします

三十万円以上
山報にご芳名を掲載いたします
ご芳名簿に記入して客殿仏間に納め、永く家門繁栄を祈念いたします
ご芳名を記入した板札を境内の建札台に掲げ、広く顕彰いたします
落慶法要にご案内して記念品を進呈いたします

五十万円以上
山報にご芳名を掲載いたします
ご芳名簿に記入して客殿仏間に納め、永く家門繁栄を祈念いたします
ご芳名を記入した板札を境内の建札台に掲げ、広く顕彰いたします
落慶法要にご案内して記念品を進呈いたします

百万円以上
山報にご芳名を掲載いたします
ご芳名簿に記入して客殿仏間に納め、永く家門繁栄を祈念いたします
ご芳名を記入した板札を境内の建札台に掲げ、広く顕彰いたします
落慶法要にご案内して記念品を進呈いたします

寺務棟イメージ

客殿棟イメージ
一覧へ戻る

SNSでも、最新のお寺の様子を
お届けしております。