大阪にある厄除け・祈祷の瀧谷不動尊 -Takidani Fudouson-


瀧谷不動明王寺

■所在地
〒584-0058
大阪府富田林市彼方
(おちかた)1762
■電話
(0721)34-0028(代)
(受付時間8:30-16:30)



年中行事 -最新の行事・祭礼のお知らせ-

十二月「十二支縁起(じゅうにしえんぎ)」

2016年11月27日(日)

 「人生は苦に満ちている」と悟ったお釈迦(しゃか)さまが、苦の根本の原因を探り当てたのが「十二支縁起(じゅうにしえんぎ)」です。
 思いどおりにならない「⑫老死(ろうし)」があるのは「⑪生(しょう)」があるからであり、生は「⑩有(う)」という存在自体から、有は「⑨取(しゅ)」という対象への執着(しゅうじゃく)から、取は「⑧愛(あい)」という感じたものを手に入れたいという渇愛(かつあい)から、愛は「受(じゅ)」という感受作用から、受は「⑥触(しょく)」である感覚器官が対象に触れることから、触は「⑤六処(ろくしょ)」である眼(げん)耳(に)鼻(び)舌(ぜつ)身(しん)意(い)の感覚器官から、六処は「④名色(みょうしき)」である肉体と心から、名色は「③識(しき)」が感じる好き嫌いから、識は「②行(ぎょう)」である潜在的(せんざいてき)衝動(しょうどう)から、行は「①無明(むみょう)」である心の奥底の煩悩(ぼんのう)から生じる。
 つまり、無明があるから行があり、無明がなければ行は生じない。無明を滅すれば行、識……老死が滅すのです。
さあ、ついに苦の原因を見つけました。日々十善戒(じゅうぜんかい)を実践し、私たちを苦へと誘う、心の奥底の渇愛と執着、そして無明を清めてまいりましょう。


-当山御宝暦の法話から転載-
執筆者:東京都港区 真言宗智山派 宝生院住職 小山龍雅 師


このページのトップへもどる