大阪にある厄除け・祈祷の瀧谷不動尊 -Takidani Fudouson-


瀧谷不動明王寺

■所在地
〒584-0058
大阪府富田林市彼方
(おちかた)1762
■電話
(0721)34-0028(代)
(受付時間8:30-16:30)



年中行事 -最新の行事・祭礼のお知らせ-

七月「七仏通戒偈(しちぶつつうかいげ)」

2016年 6月25日(土)

 お釈迦(しゃか)さまと、お釈迦さま以前の六人の仏さま(過去七仏)が皆、実践し、説かれた教えが「七仏(しちぶつ)通戒(つうかい)偈(げ)」です。それは「悪いことはしないで、善(よ)いことをし、自らの心を清めなさい。これが仏の教えです」という偈文です。
 悪いこととは、十悪で表され、からだの行為である「殺生(せっしょう)」生き物を傷つけること、「偸盗(ちゅうとう)」盗むこと、「邪婬(じゃいん)」男女の道を乱すこと。ことばの行為である「妄語(もうご)」嘘(うそ)をつくこと、「綺語(きご)」無意味なおしゃべりをすること、「悪口(あっく)」汚いことばを使うこと、「両舌(りょうぜつ)」中傷(ちゅうしょう)すること。心の行為である「慳貪(けんどん)」ものに執着(しゅうじゃく)すること、「瞋恚(しんに)」怒(おこ)ること、「邪見(じゃけん)」自分本位に考えることです
。(善いことは十月の「十善戒(じゅうぜんかい)」を参照)。
 過去七仏がこの教えを実践し仏になられたというのであるから、私たちもぜひこの教えを実践し、自らの心を清めてまいりましょう。


-当山御宝暦の法話から転載-
執筆者:東京都港区 真言宗智山派 宝生院住職 小山龍雅 師
 


このページのトップへもどる