大阪にある厄除け・祈祷の瀧谷不動尊 -Takidani Fudouson-


瀧谷不動明王寺

■所在地
〒584-0058
大阪府富田林市彼方
(おちかた)1762
■電話
(0721)34-0028(代)
(受付時間8:30-16:30)



不動明王について

不動明王について

お不動様のご誓願は、人間の悩みの原因である無明(まよい)を断ち切って、本当の幸せをおさずけになることにあり、私たちの真心が通ずるならば、どのような願いでも必ず一願は成就するといわれています。

眼病平癒、厄除け、交通安全、商売繁盛など、様々な祈願に多くの方が不思議のご利益をいただかれ、毎月28日のご縁日にはこれらの人々で境内が賑わいます。
 

真言密教と不動明王

真言密教と不動明王

密教はその教えを師から弟子へ直接に、非公開に伝授されることから秘密佛教ともいわれます。わが国には、平安時代に弘法大師空海上人により伝えられ、真言宗が開かれました。弘法大師の開かれた日本密教は真言密教とも申します。
 

真言密教の教主は大日如来です。宇宙全体を象徴する仏様で、宇宙のすべてが含まれているとされます。私たち人間も大日如来の現れでありながら、この実際をなかなか悟れないのが我々凡夫のゆえんです。
 

さて凡夫には大日如来の姿は想像をすることができないので、慈悲によりその姿を如来像として示されました。それでも、そのお姿は凡夫には柔和すぎたため、凡夫を救済するため、強力できびしい姿を現されました。これが不動明王であります。
 

不動明王と護摩供

不動明王と護摩供

 お護摩は密教の秘法で、火中に供物を投げ入れて御本尊を供養し、そのご加護を願う儀式です。この修行を通して精神の向上につとめ、様々な願いの成就を祈ります。当山でもご信徒各位の祈願成就のため、護摩供をお勤めしています。
 

さてお護摩を修行する時は、多くの場合御本尊として不動尊がお祀りされます。それはお不動様のお姿に表されている尊いご精神にあります。不動尊の厳しいお姿は煩悩多く強情な衆生を救済するため、大日如来が現された忿怒形です。不動明王が背中に火炎を背負っておられるのは、全身火炎となって衆生のいっさいの煩悩障難を焼きつくす、火生三昧のご精神に住まわれていることを現しています。
 

このように不動尊は護摩供の御本尊としてまことにふさわしい仏様で、お不動様と護摩供と衆生とは仏の慈悲により深く結ばれているのです。
 

不動明王について


このページのトップへもどる